広島の児童発達支援事業所「ゆめラボ」イベント情報

 

広島の児童発達支援事業所「ゆめラボ」では、定期的にイベントを開催しております。

イベントには、ゆめラボに通っているお子さま対象のイベント、だれでもご参加いただける子育てに役立つイベント等、ございます。

今回はそんなゆめラボのイベントについて、ご紹介いたします。

ゆめラボでは年間通して保護者やお子さまを対象としたイベントを開催!

 

 

ゆめラボでは年間を通して、イベントを開催しています。

まずは最初にゆめラボについて紹介します。ゆめラボがどんなところなのかイメージをつかんでいただき、ぜひイベントにご参加ください。

広島の児童発達支援事業所ゆめラボについて

児童発達支援事業所ゆめラボは、現在、広島県安芸郡府中町に1事業所開設しています。

今春2022年春に広島市西区に2事業所目の開設を予定しています。発達に遅れのあるお子さまや発達障害のあるお子さまで、未就学の方の療育を行う施設です。

ゆめラボでの療育を実際にご利用いただけるのは、療育手帳もしくは受給者証をお持ちの方がご利用いただけます。

ゆめラボでは、個別療育にてTEACCH(ティーチ)プログラムを応用して、個別課題を行い、生活スキルやSST、微細運動や粗大運動を通して、できることを増やしていくことを目標としています。

ゆめラボでは新年度利用希望者募集中!

「療育を受けてみたい」「就学前に不安がある」「ほかの子と比べて発達に遅れを感じる」など、児童発達支援の利用を検討する前にはそういったお悩みを持たれることも多いことかと思います。

児童発達支援は、年長さんの卒園までの利用となりますので、この3月に卒園と同時に卒業されるお子さまがいます。

児童発達支援では、一日の利用上限があるためいっぱいであれば受け入れができません。

ゆめラボでは、4月からの利用を検討されている方の受付を順次行っています。
イベントは、現在、広島では新型コロナ対策蔓延防止措置中で延長お検討されているため停止していますが、ゆめラボの事前見学や体験は随時受け付けています。

定員が埋まり次第募集停止となりますので、まずはご連絡いただければ幸いです。

無料の子育て相談会&保護者相談会

 

さて、ここからはご利用に必要な受給者証や療育手帳をお持ちでなくてもその前の子育て相談を行っています。お困りごとをご家庭で改善できること、取り組むことができること、相談窓口についてだったり、子育てにかかわるご相談も受け付けております。

毎月指定日を設けて行っていましたが、現在は療育のない時間帯、ご利用人数制限内で感染防止の観点から日程調整をさせていただきます。
もちろん、ご利用のお客様対象の保護者相談会は毎月実施しています。

個別にて実施しておりますので、初めにお聞かせいただいた課題から成長した部分、課題として現れた部分など情報を共有し、さらにお子さまに合わせた支援を継続できるよう行っております。

子育て相談会について

ゆめラボの子育て相談会は、個別での相談会です。
地域の子育て相談の場と思ってもらって大丈夫です。
もちろん、お住まいの地域には同じように、市町村の施設や保育園や幼稚園でも定期的に開催されています。

 

同様にお子さまの子育てに不安やお困りごとや相談できる場所としてご利用ください。もちろん、発達の遅れや成長に関しての心配やお困りごとであれば特に専門的にお話を伺うことが可能です。

現在、人数制限の関係で相談日程は不定期にて行っております。
ゆめラボまでご連絡いただき、密にならない時間にて設定させていただきます。

保護者相談会について

つぎに保護者相談会についてです。ゆめラボをご利用いただく保護者様対象の相談会です。
もちろん相談がなくても療育での変化やこちらが感じる課題の共有やご家庭や園などでの様子や変化など、療育をさらに良いものにしていくための情報共有の時間だと思ってください。

 

毎月1回を目安に個別にて行っています。

ご利用と別にでも可能ですし、対応スタッフの調整が可能な場合は、療育時間内でも相談できる時間を確保させていただきます。
大切なのは、日々成長していくお子さまのできるようになってきたこと、さらに上手になってきたこと、課題として見えてきたことなどを事業所と保護者様が共有し一緒に協力していく環境であることだと思います。

必要があれば、こちらから通園されている保育所や幼稚園にもゆめラボで行っていることや取り組みをお話しに出向くことも可能です。

児童発達支援事業所のイベントとは?

 

ここからは、子育てに関するイベントは地域でもいろんなところでおこなっていますね。
では、児童発達支援の事業所の行うイベントはどんなものがあって、参加はだれができるのか?など見ていきたいと思います。

現在は、新型コロナの感染状況を見て開催を行っていますので日程が変わる可能性があります。

ビジョントレーニングで、視覚でとらえる力を鍛えよう!

ゆめラボのイベントは、利用されている方もそうでない方もご利用いただけます。
現在は人数制限を決めて行っていますので少人数開催となっています。

また、利用いただけるのは、療育手帳や受給者証をお持ちでない方も利用いただけます。

すでに開催した「ビジョントレーニング」についてご紹介いたします。感覚情報の9割近くは「視覚」です。利き目という言葉を聞いたことがあると思いますが、人は知らないうちに利き目で物をとらえているため利き目でない方の目の動きを鍛えることでそのほかの器官の伝達も改善されます。

スポーツ選手や動体視力を鍛える様子などが目に浮かぶと思います。同様にビジョントレーニングを行うことで集中力にもつながります。もちろん、発達障害や発達に遅れのあるお子様の中には、「視覚優位」なお子さまや「視野が狭い」お子さまなど多くいらっしゃいます。

ゆめラボには、ビジョントレーニングトレーナーが多く在籍していますので実現可能なイベントとなっています。

保護者間での情報交換も可能?

その他、イベントには茶話会も予定しています。
ご利用いただく保護者様の情報交換の場です。年齢も近く、子育てを現在進行形で行っている保護者様同士だから分かり合えることややってみてよかったこと、便利な施設や情報などほっと一息お話を交換できる場です。

現在は、4月に開催予定ですがコロナ感染状況を見たうえで日程が正式に決まり次第お知らせいたします。
こちらは、利用者の方のみの参加イベントです。

他には、どんなイベントがあるの?

その他、ゆめラボで予定しているイベントをご紹介いたします。

・SSTを取り入れた家庭でできる支援について学ぶ勉強会
ソーシャルスキルトレーニングを家庭の中でどうやって実践したらいいかを事例を使って学ぶ勉強会です。
小学校就学までの限られた期間で、お友達との関係や家族の中での役割、ルールを守ったり、基本的な挨拶や交渉の仕方など学んでいきます。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

児童発達支援事業所では、利用者が参加できるものも利用者でなくても参加できるものをゆめラボでは企画しております。
開所以来、コロナ感染のため大々的に開催はできない状況が続きていますが、地域の子育て中の保護者様に寄り添える支援を第一に、地域へ情報発信やイベント企画を行っております。

まずは、電話やメールにてお問い合わせください。

おすすめの記事